読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーまいがっ!起業・フリーランスブログ

脱サラしてメンバーと一緒に起業。経営者として活動してきたこの5年間の喜怒哀楽など思いのまま綴ります。現在はフリーランスとして活動中!

病院に行くとなぜか血圧がクソ高いっ!そんな私が出会った最高の医師と血圧が下がった経緯を解説しよう。

f:id:g-zas:20160520163000j:plain

白衣高血圧症って知ってます?お医者さんの前だと必ず血圧が高くなってしまうっていう一種の病気みたいなもんです。

学生時代から悩まされ続けた白衣高血圧症

私は大学時代からこの白衣高血圧症になっていて、会社の健康診断や保険に加入する際の診断時には常に「高血圧」という結果が出て、「要検査」とか「経過観察」など悪い評価ばっかりでした。(たぶん同じ悩みを持たれている人は多いはず)

 

自宅や量販店などにある血圧計で測定すると「上が130前後で下が80前後」と一般的には正常の範囲なのに、お医者さんの前になると一気に上昇して「上が200オーバー、下は100オーバー」という異常値が出てしまう。

 

転職をする際に、会社へ健康診断書を提出しなければならず、近くの病院で軽い健康診断を受けたところ、やはり高血圧症というネガティブな結果がでたので「自宅で測ると正常なんだっ!」って強くアピールして「白衣高血圧症、特に問題なし」と書いてもらったり、生命保険に入るときには、血圧が異常値だから通常よりも高めの料金設定になったり、健康診断後には自腹で再検査を受けさせられたり。。。

 

これはホントに悩みの種でした。

もうウンザリなんです。その台詞。

そんなわけで、病院での血圧検査はホントに嫌で嫌でたまらないんです。

自分では「白衣高血圧症」だからって諦めていたのですが、年を取るにつれて、不摂生もたたり自宅で測ってもやや高めの血圧に。

 

ということで、じゃぁトコトン調べてやろうじゃ無いかと重い腰を上げて病院に通うことにしました。そして病院で、「血圧が高いから来た」と言って検診。

 

事前の血圧測定時に看護婦さんからは「高すぎますねぇ」。

お医者さんからも「高いっすねぇ〜」。

 

ダカラキタンデス。。。って結局、原因はわからず。

 

で、血圧を下げる薬を処方されて薬局へ行けば「血圧が高いんですかぁ?いくつですかぁ?」と聞かれて数値を伝えると、やはり「高いですねぇ、お大事に」って言われる。

 

もう、うんざり。。。

 

2週間に一度を3ヶ月ほど通院したのですが、毎回これの繰り返しですよ。

心臓の専門医に行って精密検査をしてみた。

結局、私が通院した内科では「なぜ高血圧なのか」が理由が分からなかったので、自宅からはちょっと遠いが循環器専門のクリニックに行ってみたわけです。そこから、私の悩みは一気に解決に向かいました。

 

  • 病院で測定すると血圧は異常値になること。
  • 降圧剤を飲んでいても病院だと高くなること。
  • 前の病院では原因不明って言われたこと。
  • でも、最近は自宅でも血圧が高めであること。
  • 仕事でストレスがめちゃくちゃ溜まっているって事。
  • タバコはやめられません。
  • 心電図が毎回異常な結果になるってこと。
  • 毎回毎回「血圧が高い」と言われるのがうんざりになっていること。

これらを全て先生(医師)に言ってから、診てもらいました。

 

で、最初に血圧を測ってもらったのですが「確かに高い数値が出ているけど、ここで測定した数値はなんの参考にもなりません。これくらい高い数値が出たからってなんの心配も無いですよ、自宅ではもっと低いんでしょっ?私は循環器の専門医ですのでご安心ください。」と、今までの病院とは全く違ったことを言ってくれました。

 

「やっと自分のことを理解してくれるお医者さんがいたっ!」

まるで、不良生徒の前にGTOの鬼塚が現れた感じです。

 

やっぱ診てもらうんだったら専門医にかぎるわ。

ということで、そこからは飼い主にお腹を見せて絶対服従的な態度をとる愛犬のようにドクターの言いなりです。

 

1.まずは心電図と血液検査。

心電図は学生時代から異常値が出てたけどほったらかし状態でした。血圧とこの心電図の評価もあって生命保険はべらぼうに高い料金設定(通常の2倍)になっています。そして、測定をしたら案の定、異常が。

 

先生曰く、「こりゃー異常だわ。この原因を探らないとダメだね。」

 

それと、並行してチェックした血液についてはほぼ正常とのこと。

2.心臓のエコーをとってみる。

続いて、胸部にぬるぬるしたものを塗って、心臓部分のエコーをチェック。心臓の動きを先生が細かく説明しながら、この部分がちょっとアレだねーとか解説。その後、わかりやすく図解で説明してくれたのだが、どうも心臓の壁が人よりも1.5倍厚いらしい。これが影響して血圧も高くなっているとのこと。

3.ホルター心電図で24時間心電図を測定

最後に24時間の心電図を測定すると言うことで「ホルター心電図」というのを胸部に取り付けて不整脈と狭心症のチェック。この日はお風呂に入ることも許されず、24時間ロボットになった様な感じ。

 

幸いにも不整脈の反応は無かったようなので、狭心症の可能性は無し。心電図の異常は心臓の壁の厚さからくる高血圧の影響であるという結果が出ました。

心臓の壁が厚いとどうなるの?どう対策したら良い?

結局、私の場合は心臓の壁の厚みが全ての原因ということで今後の治療方針などをやさしく解説してくれました。

 

心臓の壁がこのまま厚くなっていくと、肥大型心筋症という心臓がデッカくなっちゃうらしい。そして、血液を正常に循環させることができずに最悪な場合は死んじゃうらしい。

 

ただ、心臓の壁は10年〜20年と長期間かけて分厚くなっていくようなので、進行を抑える努力をすれば、治りはしないが、肥大型心筋症になることは無いと断言してくれました。そこで、血圧を常に下げる努力をすることがとても重要ということで、薬を処方してくれました。

 

原因が分かったことで精神的にラクになり、白衣高血圧を克服。

薬を飲み出してから約3ヶ月経過。

薬がなくなったので、(もう数日も飲んでいない状態で)処方箋をもらうために病院へ。そんで、先生の前で血圧を測ったらなんと正常値になってました。白衣高血圧症はもう克服されたようです。

 

自宅で測定した値と、病院での値、どちらも近似値になったことは私にとってかなりの進歩です。だって、今までは病院だとホントに異常なくらい高血圧でしたからね。

 

で、まとめると・・・

  • 血圧が高い人は循環器の専門医に診てもらう。
  • ドクターには全て話して自分のことを理解してもらう。
  • 徹底的に検査して原因と解決策を見つける。

私の場合はこの3点が血圧を下げる大きなポイントだったかと思います。私のような悩みを持っている方、病院に行くのは嫌かとは思うが、一度徹底的に専門家に診てもらうことをおすすめしますよ。