読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーまいがっ!起業・フリーランスブログ

脱サラしてメンバーと一緒に起業。経営者として活動してきたこの5年間の喜怒哀楽など思いのまま綴ります。現在はフリーランスとして活動中!

今後はフリーエージェントスタイル的な取り組みが本格化していくんだろうなと思う。

f:id:g-zas:20160305002612j:plain

秒速で「億」を稼ぐと言われた与沢翼さんが提唱していた「フリーエージェント」。

 私も今まさにそのフリーエージェントが主流になっていくんではなかろうかと感じています。(フリーエージェントとは特殊技術を持つ「個」が集まり、ひとつのプロジェクトを進めていくこと。)

 

通常、何か企画(プロジェクト)を進めようと思ったとき、基本的には社内のリソースを利用して目的達成のために動いていくのだが、社内という環境で限ってしまうと能力に限界が来ます。

 

企業(組織)内で言うと、全員がスキルの高い人ばかりという訳でも無い。むしろスキルの低い人の方が多いかもね。

 

そんな環境の中からプロジェクトメンバーを選抜して企画を進行していっても、結局は鳴かず飛ばず的な結果に終わるんじゃ無いでしょうか。そこで、外注化を考えていくのだが、結局は「コストがかかる」とかの理由で内製化の方向に進んだりとなるわけです。

 

フリーエージェントであれば、集まるメンバー全員がスペシャリストなので、短期間で企画を遂行することは可能になる。しかも、それぞれが同じベクトルに向かって進めていくため、以外と結果は出やすい。

 

この同じベクトルに向かうというのが非常に重要!

経営者同士が集まるとフリーエージェント的な会話が飛び交う

私も含め、会社役員連中と会話をしているとそれぞれの特性を活かしたビジネス展開の話が色々と出てきます。しかも仕事を受けるというスタンスでは無く「一緒にやっていきましょう」というスタンス。

 

先日、会社に辞任表明をした私ではありますが、仲の良い数名の会社社長に「辞める覚悟が出来た」と話をした際に、「じゃぁ、色々と一緒にオモシロいことができそうだね」とみなさんが言ってくれた。

 

www.g-zas.info

 

私が持つ特殊技術と先方が持つリソース、そしてその繋がりから数名の経営者や個人事業主がピックアップされ、一つの企画についてどうしていくかを利益等分ということで話が進んでいったりと、非常に建設的な話が出来ます。

 

今度、辞めることが決まりそうなときには、また社長さん達と話をして個人事業主として、フリーエージェントになっていこうと思います。