読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーまいがっ!起業・フリーランスブログ

脱サラしてメンバーと一緒に起業。経営者として活動してきたこの5年間の喜怒哀楽など思いのまま綴ります。現在はフリーランスとして活動中!

人生初の一般参賀に行ってきたのでレポートしてみる。

f:id:g-zas:20160102210725j:plain

私の妻が皇室マニアでして。

昔から一度でいいから一般参賀に行ってみたいとずーっと言い続けていたので、ようやく重い腰を上げて、行ってきました。

 年始なのに人が多すぎです

年末年始ってみんな帰省してるかと思っていましたが、めちゃくちゃ人が多いんですね。東京駅周辺は普段より人が多かった気がする。

(そういえば、今朝は箱根駅伝もあったんですね)

 

f:id:g-zas:20160102211510j:plain

東京駅を降りて皇居の方へ足を運ぶと既に多くの人が一般参賀に向けて並びはじめていました。

 

f:id:g-zas:20160102211650j:plain

 

 

f:id:g-zas:20160102211816j:plain

皇居の前ではこんな馬さんがお出迎えです。

 

f:id:g-zas:20160102211932j:plain

カバンのチェックとボディチェックを受けて皇居へ向かう行列へと向かいます。

男性へのボディチェックは徹底されており、しっかりと全身ボディタッチをされてなにも持っていないことを確認されます。

大きめのカバンや荷物を持っている人は一端預ける形となるので、できれば身軽な感じで行った方が良いです。

 

f:id:g-zas:20160102212313j:plain

臨時のトイレが設置されていますが、結構な行列となります。

一般参賀までには30〜60分は待ちますので、お腹の調子が悪かったりする場合はここに来る前にしっかりと調子を良くしてから皇居の方へ来た方が良いですね。

 

f:id:g-zas:20160102212650j:plain

並んでいるときに驚くのは外国人の方が以外にも多いと言うこと。

海外の人でも天皇陛下を見たいんでしょうね。

 

f:id:g-zas:20160102212919j:plain

ナンバープレートが立ってあり、指定された番号のところに並ばされます。

自然と誘導されていくので番号を意識することは特になし。

 

f:id:g-zas:20160102213216j:plain

とにかくスゴい人の多さに驚きます。

30分程度の待ち時間を経て、ゆっくりと宮殿の方へ歩いて行きます。

 

f:id:g-zas:20160102213520j:plain

皇居前には続々と人々が集まってきます。

 

f:id:g-zas:20160102213732j:plain

皇居の中に入ると「自撮り棒禁止」の標識が。

相当の人数が一気に宮殿前に向かうため、立ち止まっての撮影は禁止されています。なのでカメラ撮影をする場合は歩きながら撮影をしないといけません。

 

f:id:g-zas:20160102214130j:plain

15分ほどかけてゆっくりと宮殿前に到着。テレビで見たことのある風景です。宮殿前での撮影は可能ですが、三脚を立てての撮影は不可。

 

f:id:g-zas:20160102214442j:plain

後方ではメディアの方々がものすごいカメラ機材を設置してスタンバってます。

 

f:id:g-zas:20160102214656j:plain

皇室の方々をしっかりと見るためには宮殿中央が見える場所がおすすめです。両脇の方へ並んでしまうと天皇陛下のお顔を見る事は出来ないでしょうね。幸いにも私はベストポジションを確保することが出来ていました。

身長の低い人はシークレットブーツが必須かも

f:id:g-zas:20160102214937j:plain

皇室の方々がお目見えになると、みんなが国旗を振りまくったり・・・

 

f:id:g-zas:20160102215114j:plain

スマホやカメラで撮影するためにみんなが手を上にあげるため、後方にいる人にとってはなかなか天皇陛下を見る事ができません。。。私の身長は170cmですが、できればあと10cmデカかったらなぁと感じましたね。

 

f:id:g-zas:20160102215346j:plain

f:id:g-zas:20160102215715j:plain

ですがちょっと待つとこんな感じで見られます。

天皇陛下、皇后陛下、皇太子夫妻もなんとか撮影できました。望遠レンズを利用しての撮影ですが、私も手を上げてモニターを確認せずに撮影したためほとんど奇跡的なショットでした。

皇室の方々を見れるのはわずか数分間だけ

天皇陛下が宮殿に立たれるのは、わずか数分。感覚的には5分程度です。

天皇陛下の挨拶が終わると、「天皇陛下バンザーイ」と誰かが大きな声をだし、その後みんなが国旗を振っている間に皇室の方々は退室されていきました。

 

たった数分という短い時間ではありましたが、天皇陛下を生で見れたのはとても感動的でした。私の妻はしばらく興奮が収まらずハイテンションが続いていました。

 

短時間でも我々のような一般ピーポーが皇室の方々のお顔を拝見できる機会があるっていうのは嬉しいですね。

 

 

広告を非表示にする